読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕁麻疹まとめ情報ブログ

あらゆる蕁麻疹疾患の治療法や原因などをまとめました。管理人の経験談も大公開。

日光蕁麻疹で紫外線対策ならサングラスは必須!!

意外と思われるかもしれませんが、紫外線対策には日焼け止めクリームや日傘などは確かに必要ですが、何よりサングラスは欠かすことはできません。

 

 

意外と盲点かもしれませんが、なぜ紫外線から目を守らなくてはいけないのか不思議に思いませんか?

 

 

実は、これは紫外線を受ける目と皮膚に関係性があるからです。

 

 

なぜ、海外の人たちは日焼け止めクリームだけでなく、サングラスもかけているのでしょうか?

 

 

日光蕁麻疹は皮膚の病気なんですから、皮膚だけ守っていればよさそうな感じですよね。

 

 

でも、実はあれはおしゃれという理由だけではなく、自分の健康のためにかけているのです。

 

 

日本人がサングラスをかけると、「何格好つけてんだよ」と笑われるかもしれないと不安になるかもしれませんが、オゾン層が破壊されて、どんどん紫外線への露出が増えていく中、いずれはそうも言っていられない時代がやってくると思います。

 

 

日本人であっても、外を歩くときは全員がサングラスになっている時代もそう遠くはないということですね。

 

 

なぜサングラスが日光蕁麻疹対策に必須なのかを解説しましょう。

 

 

サングラスが紫外線対策に必要な理由。

 

 

サングラスが紫外線対策に必要な理由ですが、簡潔に言うと、目と脳と皮膚がつながっているからです。

 

 

つまり、目に紫外線が入ると、脳が紫外線が入ってきたと判断して、体全体がそれに反応して、メラニンを作り、紫外線から守ろうとします。

 

 

この流れで、日光じんましんが発症してしまう危険性があるのです。

 

 

f:id:majimote:20161003221136p:plain

 

 

日光蕁麻疹が出てしまうのは、日光に含まれる紫外線に対して体が過敏に反応しすぎることで発症してしまいます。

 

 

これは、脳が紫外線を認識して皮膚に命令が出るまでの過程の中に含まれていますよね?だから、目と脳と皮膚には密接な関係があるのです。

 

 

なぜ紫外線に対して敏感になりすぎて日光蕁麻疹になってしまったのかは、人にもよりますが、正直そこまではわかりません。

 

 

でも、目に紫外線を浴びることで皮膚に影響するということは間違いないです。

 

 

実際に医療の実験で、マウスの目に紫外線を一定時間当て続けたところ、皮膚の色が焼けて、色が変化したそうです。

 

 

つまりこれは、人間にも言えることで、目に紫外線を当て続けると、人間にも同じような現象が起こりえます。

 

 

だから、サングラスをかけないで日焼け止めクリームだけとかはまだ不十分!しっかりとサングラスをかけて、対策する必要があります。

 

 

今だとAmazonとかでもUVカット加工サングラスが売られていますので、そちらも是非見てみてください。

 

 

以下のサングラスであれば、そこまで高い価格でもないので、手軽に購入できます。今ならお手頃な価格でかっこいいものもあります。

 

 

ブランド物とかにこだわる必要はないので、とにかく目と皮膚を守るということを目的に、サングラスは購入しておきましょう。(^^)

 

 

これで夏場の紫外線対策はばっちりです!

 

 

高性能UVカットサングラスを激安で購入するなら!